メイン画像

火災保険を活用した
リフォーム事業で社会を豊かに

THREE GIVE AND SHAREは新規事業立ち上げの豊富な知見で御社の事業を支援します。

PPC 広告とSEOの違いを解説!当社加盟店のメリットの広告部分をご紹介

今やコンテンツマーケティングに必要不可欠な自社サイト。

こちらの記事を読まれている方には「自社のサイトをもっと多くの人に見て欲しい」「インターネットを活用して集客をしたい」という方も多いと思います。

当然ですが、ホームページを作っただけではお客さんにアクセスしてもらうことはできません。

数あるサイトの中からどうすれば自社のサイトを見つけてもらえるのか。

そのために様々な施策が必要となります。

代表的な方法として「SEO対策」が有名ですが、近年では「PPC広告」というより即効性のある広告形態も注目されています。

今回はサイトのアクセスアップを狙うために抑えておくべき「SEO対策」と「PPC広告」の違いについて解説させていただきます。

SEO対策とは何か?

SEO対策「Search Engine Optimization」とは検索結果で自社のホームページをより多く露出するために行う施策のことで、「検索エンジン最適化」とも呼ばれています。

検索窓にキーワードを入力すると、ロボットエンジンが自動的に情報を集め、閲覧者のニーズに近いページを表示してきます。

この検索ロボットは24時間、世界中から休みなく情報を集め、自動で分析して順位を付けます。

つまり、SEO対策において一番の鍵を握っているのはこのロボットエンジンであり、検索ロボットに、より上位のサイトであると認めてもらえるように様々な対策を講じていくのがSEO対策という手法です。

PPC広告とは何か?

PPC広告とは「Pay Per Click」(クリック単位での支払い)の略で、広告となる文章や画像にWebサイトへのリンクを設定し、リンクが一定数クリックされるまで広告掲載を行う広告形態のことです(契約期間中にクリック回数が予定数より少ない場合は広告期間を延長する事が出来ます)

広告費を支払うことで常に検索結果の上位にサイトが表示され、広告費はクリックされた数によって決まります。

PPC広告は大きく「検索連動型広告」と「コンテンツ連動型広告」の2種類に分ける事が出来ます。

「検索連動型広告」はあるキーワードをGoogleやYahoo!などの検索エンジンで調べた時に検索結果画面上に表示される広告のことです。検索結果画面上にリストのように表示されるためリスティング広告とも呼ばれています。

「コンテンツ連動型広告」は検索エンジンには寄らず、サイトの広告枠に表示されます。サイトのコンテンツやユーザー属性、過去の検索履歴やサイト訪問結果から訪問者のニーズに合っているであろう広告が表示されます。こちらはディスプレイ広告とも呼ばれています。

PPC広告とSEO対策の違いを解説する際に、PPC広告を「リスティング広告」と表記している場合があるので混乱するかもしれませんが、リスティング広告はPPC広告の中の一つの形態、と考えておくと良いでしょう。

SEO対策とPPC広告、より効率的なのはPPC広告?

SEO対策の一番のメリットは基本的に無料で出来ることです。

しかし、今日始めたからといってすぐにサイトが上位表示されるものではなく、これがネックになっています。

上位表示までに数か月から一年以上かかることも珍しくありません。

そのため「被リンクを付ければ順位があがる」「文字数を多くする」「キーワードの量を増やす」などテクニックによってコツコツと検索順位を上げていくことが求められます。

それらを突き詰め、Googleが評価するロジックを探し出して集中的に対策を行ってGoogleに良いサイトだと誤認させるようなやり方も存在します。しかし、そういった手法に対してはGoogle側も次々に対策を取っています。

つまりテクニックによるSEO対策は効果がないわけではありませんが、それをやれば検索順位が上がるといった単純なものでもないのです。

より効率的なSEO対策を講じるためにプロに任せればお金がかかります。全部自分でやろう!というのも可能ですが、記事やページをコツコツと増やすその時間も「人件費」としてとらえれば、結局のところ「無料」では出来ていてもコストはかかっているわけです。

ではPPC広告はどうでしょうか。

PPC広告は広告枠を買うことで、すぐに自社の広告を検索結果の上位に表示させることが可能です。

「広告費」という点では金銭的負担はかかりますが、SEO対策での「人件費」とそれによって得られる費用対効果を考えるととても魅力的であると考えられます。

しかもPPC 広告の広告費は商品をクリックして見てもらえた分だけ発生するため、広告費の無駄を抑えることが出来ます。一日の上限予算を決めることも可能なので、極めて効率的な課金方法だと言えます。

PPC広告の一番のメリットと言える点は「時間をかけず、より見込みの高いお客様に自社のホームぺージを見てもらえるようになる」ことです。

自分から検索窓にキーワードを打ち込み、情報を収集しているような購買意欲が高い層に一番目立つ場所に広告を表示することが出来るようになるのです。

また、表示する地域を限定することやリンク先の決定などのより細かい設定も自分で設定することが出来ます。

また、SEO対策のカギを握るロボットエンジン対策では検索順位において何を重視するかの変更が行われることがあります。ここで順位に変動が起きるとアクセス数が不安定になってしまう可能性もあります。

PPC広告ではSEO 対策に比べて大きな変動は起こりづらく、比較的安定したアクセスアップを狙っていくことが可能です。

このようにPPC広告を導入することは、かなりスピード感と安定感があるコンテンツマーケティングの手法と言えます。

しかも多くのホームページ運営者が取り組んでいるSEO対策に対し、PPC広告はまだライバルが少ないので、本腰を入れて取り組めば高い費用対効果を得られるのです。この点からもPPC広告は優位性があります。

もちろん、SEO 対策にまったく意味がないわけではありません。広告として上位表示されるようになっても、リンクでとんだ先のホームページがしっかりしていなければユーザーはがっかりしてしまいます。一番良いのは即効性のあるPPC広告の活用と、有益なコンテンツを積み上げていくこと。その両方に取り組む事です。

まとめ

SEO対策とPPC広告の違いについて解説させていただきましたが、いかがでしょうか?このようにPPC広告はより即効性があってライバルも比較的少ない、費用対効果の高い広告手法です。

これまで特に対策を考えてこなかった方、あるいはSEO対策のみに力を入れていたけれどいまいち効果を実感できていなかった方はぜひPPC広告を取り入れてみて下さい。

インターネット上での集客をよりスピード感をもって実感していただけると思います。

お問い合わせはこちらから
火災保険活用講座についてはこちらから
トップへ戻る